利用規約

1 総則

1.1. 適用・変更

1.1.1 規約の適用

本利用規約は、株式会社PiNCH(以下「弊社」といいます)が提供するPayレスというサービス(以下「本サービス」といい、理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のものを含みます。)をご利用になるすべての方(以下「利用者」といいます。)と弊社との間に適用されます。

1.1.2 規約の変更

弊社は、本利用規約の内容を変更することができるものとします。弊社は、重要な変更にあたっては本利用規約の変更後本サービスの初回利用時に、画面に変更をした旨を通知するものとし、利用者は以後本サービスを利用することによって、変更内容に承諾したものとみなします。

1.2. 利用契約の成立

利用者は、本サービスを対応アプリケーションに追加した後、当社の指定する方法に従って本利用規約の内容に同意するものとし、利用者は、かかる同意を行った場合に限って本サービスを利用することができます。利用者がかかる同意を行った時点で、本利用規約の諸規定に従った本サービスの利用に係る契約(以下「利用契約」といいます。)が、弊社と利用者との間に成立します。

1.3. 表明及び保証並びに誓約

利用者は、本サービスを利用するに当たり、以下の事項を表明及び保証し、又は誓約するものとします。

(1) 利用者は、反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)はなく、また、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていないこと。また、利用者は、利用契約の有効期間中、反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行わないこと。

1.4. 本サービスの利用

利用者は、利用契約の有効期間中、本利用規約及び弊社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。なお、Payレスサービスの利用に関しては、下記2.「Payレスサービスの利用」に定めるところに従うものとします。

1.5. 料金及び支払方法

利用者が支払うべき本サービスの利用の対価及びその支払い方法等に関しては、下記2.「Payレスサービスの利用」に定めるところに従うものとします。

1.6. 禁止行為

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

(1) 弊社、弊社の指定するサービス提供者(以下「サービス提供者」といいます。)、他の利用者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)

(2) 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為

(3) 法令又は弊社若しくは利用者が所属する業界団体の内部規則に違反する行為

(4) コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為

(5) 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為

(6) 弊社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(7) その他、弊社が不適切と判断する行為

1.7. 権利帰属

利用者は、本サービスに関する権利帰属につき、以下の事項を確認します。

(1) 本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て弊社又は弊社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本利用規約に定める本サービスの利用許諾及び本サービスの提供は、本利用規約において明示されているものを除き、本サービスに関する弊社又は弊社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。利用者は、いかなる理由によっても弊社又は弊社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

(2) 本サービスにおいて、利用者が投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータについては、当社において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。

1.8. 個人情報

弊社が本サービスの提供に伴って取得した利用者の個人情報については、弊社が別途定めるプライバシーポリシーに従って取扱うものとし、お客様は、弊社のプライバシーポリシーに同意するものとします。

1.9. 設備の負担等

弊社が本サービスを提供するに当たり、利用者は、その設備負担等について、以下の事項を確認するものとします。

(1) 本サービスの提供を受けるために必要な対応端末、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、利用者の費用と責任において行うものとします。

(2) 利用者は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

(3) 利用者は、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、本サービスを利用者の対応アプリケーションに追加する場合には、利用者が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、弊社は利用者に発生したかかる損害について一切責任を負わないものとします。

(4) 弊社は、利用者が送受信したメッセージその他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、弊社は、いつでもこれらの情報を削除できるものとします。なお、弊社はかかる情報の削除に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

1.10. 利用者の賠償責任

利用者は、本サービスの利用にあたって、以下の事項を確認するものとします。

(1) 利用者は、本利用規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して弊社に損害を与えた場合、弊社に対しその損害を賠償しなければなりません。

(2) 利用者が、本サービスの使用に関連して、他の利用者その他の第三者からクレームを受け又はそれらの者との間で紛争を生じた場合には、直ちにその内容を弊社に通知するとともに、利用者の費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、弊社からの要請に基づき、その経過及び結果を弊社に報告するものとします。

(3) 利用者による本サービスの利用に関連して、弊社が、他の利用者その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、利用者は当該請求に基づき弊社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

1.11.サービス利用停止等

利用者は、以下に掲げる事由に該当する場合、いかなる理由においても、本サービスを利用することはできません。加えて、この場合、弊社は、利用者の本サービスの利用を停止することができるものとし、利用者は、自己の占有又は管理下にある対応端末から、本サービスを速やかにアンインストールその他の方法で消去しなければなりません。なお、弊社は、本条に基づき弊社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

(1) 本利用規約のいずれかの条項に違反した場合又は1.3.記載の表明及び保証若しくは誓約に違反した場合

(2) 弊社、他の利用者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合

(3) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合

(4) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

(5) 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき

(6) 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合

(7) 租税公課の滞納処分を受けた場合

(8) 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合

(9) その他、弊社が利用者としての登録の継続を適当でないと判断した場合

1.12. 本サービスの停止

弊社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。なお、弊社は、本条に基づき弊社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

(1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合

(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

(3) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合

(4) その他、弊社が停止又は中断を必要と判断した場合

1.13. 有効期間

利用契約は、利用者が1.2に従って本利用規約に同意した日に効力を生じ、本サービスを自己の対応アプリケーションからブロックその他の方法で消去した日又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、弊社と利用者との間で有効に存続するものとします。

1.14. 譲渡禁止

利用者は、利用契約に係る権利及び義務を第三者に移転、譲渡、担保に供する等をすることができません。弊社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務並びに顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

1.15. 準拠法及び裁判管轄

本利用規約の準拠法は日本法とし、本利用規約及び本サービスに関する法的紛争の一切に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2 Payレスサービスの利用

Payレスサービスは、弊社の指定する美容室を利用する際に、2.3.に定める施術料金等又はキャンセル料等について、利用者が事前に登録した決済方法(クレジットカード等を含む決済方法であって、弊社が指定するものを意味します。尚、海外発行のクレジットカード、デビット式のクレジットカードはご利用いただけません。以下同様です。)を用いて決済を行うことを可能にするサービスです。

2.1. 決済方法に関する遵守事項

利用者は、当該利用者がPayレスサービスを通じて利用する決済方法(クレジットカード等を含みます。)を当該利用者に提供する者(クレジットカード会社を含み、以下「決済方法提供者」といいます。)が定めた当該決済方法の利用に関する規則又は当該決済方法に係る契約内容等(以下「決済等諸規則」といいます。)を遵守した上でPayレスサービスを利用するものとします。

2.2. 決済

Payレスサービスする利用者が、施術料金等の支払義務を負う場合、弊社の指定するところに従い、施術料金等を自己の登録した決済方法によって支払うものとします。また、Payレスサービスの利用に関する売上処理、利用者への代金相当額の請求時期、請求明細、締め日等については、決済方法提供者と弊社との間の取決め及び決済等諸規則に従うものとします。

2.3. 再決済等

施術料金等が利用者によって登録されたクレジットカード等の決済方法により決済を行うことができなかった場合は、決済不可の事由を利用者が自ら解消し再決済を実行するか、利用者において現金で当該施術料金を弊社に支払うものとします。

Scroll to Top